シンボルマーク「恵みの三重環」

「水、人、大地」が織りなす、

豊かな自然からいただく恵みの輪。

外側の模様「青海波」は、

何処までも穏やかな波が続いている事を表し、

未来永劫の平安を祈るという意味があります。

また、「青海波」は三重の海の幸を表しています。

次に二周目にある「輪継ぎ」模様は、

「三重の恵み」を、表しています。

三重の食材を生かし、

大地や海の恵みを料理とおもてなしで繋いでくれる。

又、料理の技術、おもてなしの心を

後世へ繋いで頂きたいという思いを込めました。

真ん中の「七宝」は、お客様を表しています。

七宝には、円満、調和、ご縁の意味があります。

丸い柄は、ご縁でつながったお客様を表しています。

この三つが合わさって「三重の恵み」が

料理とおもてなしで、

お客様へ繋いでいるというイメージです。

 

監修 黒田裕次(指勘)

106797389_4026667520738901_5897227459672